ヒロシですの今現在が衝撃的?あまちゃんで小池徹平もネタ披露?画像

そういえば、ヒロシって現在も「ヒロシです」とどこかでやっているのでしょうか

ヒロシですといえば、生島ヒロシでもなく、ヒロシ&キーボーでもありません。「ヒロシです」の、ヒロシです。今は、巷はピコピコとうるさいですが、やっぱり、お笑いの一つのブームとして、確実に時代は過ぎ去ってしまったということでしょうか。

【「ヒロシです」は、一発屋?】

みんな、一発屋であることを回避したいと思って、あれこれ苦労をしているようです。今時、芸能人は、一発あててしまうと、もうそれで終わってしまうので、当てない方が良いという思いも一部にはあるようです。だけど、当たらないよりは、当たった方がいいですよね。お茶の間の知名度は、それだけで抜群になる訳ですし。

あれこれ、その後も仕事をしているというのに、後から振り返れば、ああ、ああいう一発屋がいたねと思われてしまうのですから、やっぱり芸能人はつらい存在です。

ヒロシなんて、もともと、雰囲気が惨めさが一杯漂っているから、尚更、おいおい、大丈夫?という感じがしてしまうのです。

彼が所属している事務所ってヒロシ・コーポレーションなんですって。おいおい、本当に大丈夫?

【彼の芸歴は……】

彼の芸歴を語ろうと思うものの、やっぱり「ヒロシです」に尽きてしまう訳です……。ヒロシという芸名は、フリーアナウンサーの生島ヒロシと全然関係ないということではなくて、彼が、芸名を決めるという時にたまたま側にあった雑誌の表紙に生島ヒロシが写っていたからと言います。全く、安易なモチベーション。それが、現在の事務所の名前でもあります。しかし、『R-1ぐらんぷり』、『第1回お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル』などで大きな評価を得ていたことも事実ですし、もし、ヒロシを今後、テレビで抹殺してしまうことがあれば、お茶の間の責任とも言えるのではないでしょうか。彼は求めてここに登場して来たお笑い芸能人なのです。

【今でも芸人で頑張っているけど……】

彼は今でも芸人として頑張っています。しかし、一発屋というレッテルは、ネームバリューにもなり、それをお笑いにしない手はないということで、「給料が少なくなった」「熱烈なファンレターがパッタリ途絶えた」という自虐ネタが、よりリアルに加速して、時には笑えないこともあります。本当の不幸を私達は、本気で笑っていいものなのでしょうか……。

彼が、芸能界から消えたということでは全然ないのです。みなさんも目をこすってしっかり、細部を追跡してみましょう。

ブログランキングに参加しています。お気に召して頂けたらポチッと押して頂けると、今日のあなたの運勢がよくなるかも♪

懐かしのアイドルやタレントのDVDやCD、レコードをお探しならこちら!

思わぬ掘り出し物が見つかるかもしれませんよ^^




今日もお読み頂いてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*