香田晋の現在と引退の理由は?島田紳助とトラブル?

香田晋は現在どうしているの……?

確認しますが、香田晋という名前を知らない人っていませんよね。

でも、今、彼の名前を気にして生活をしている人たちも皆無かもしれません。もう香田晋 の名前は、忘れ去れてしまったのです。香田晋は、基本演歌歌手に属し、演歌歌手は、寿命が長いと一般的には言われているものの、なぜ、そのようなことになってしまったのでしょうか。

【彼は演歌歌手だった】

彼は、間違いなく、トップランキングに属している演歌歌手だったのです。言いすぎでしょうか。本名は、鷲崎 孝二と言います。何か、こっちの方が演歌歌手っぽいという感じもしないではありませんが……。

彼がトップランキングの演歌歌手と言った理由は、あの紅白歌合戦にもしっかり出ているからです。

演歌歌手も、紅白歌合戦に出演出来るようになれば安泰と言われています。しかし、1994年(平成6年)/第45回一回きりということで、一体演歌歌手としては、あるまじきNHKの冷たい対応と考えるべきではないでしょうか。夢いちどという歌で、出られたようですが、夢いちどって知ってますか?対戦相手は、田川寿美さんだったということですが、そういえば、田川寿美さんも紅白歌合戦はどうされたのでしょうか……。

【あのスマイルは、永遠に不滅】

彼の最大なヒット曲は、手酌酒です。でも、彼の名前を、世に知らしめたのは、酒場の金魚と言いたいのです。いえ、彼を致命的演歌歌手にしてしまったのも、酒場の金魚なのかもしれません。彼は胸に金魚をつけて、一生懸命独特のスマイルをお茶の間に振る舞っていました。

あのスマイルは、永遠に不滅と思っていたのに……、彼は一体どこへ行ってしまったのでしょう。

【彼は引退している】

彼は、もう既に引退宣言をし、引退してしまっているのです。彼は、本音をそのあと、週刊誌でぶちまけていますが、精神面でズタズタだったようです。

時間的余裕がなかったからのようです。段々とバラエティー番組で注目されるのも納得がいかなかったようです。なんで、自分はここにいなくちゃいけないのかなという気持ちがとても大きかったようです。

それも金魚のせいかもしれませんが。もう時間なら有り余る程存在し、ストレスも解消出来た頃ではないでしょうか。再び、カムバックという方法を考えてはいないのでしょうか。週刊誌では、その可能性はゼロと言ってますが、それは芸能界のことなので、どうなるかは判らないというのが正解ではないでしょうか。

酒場の金魚って、作詞阿久悠、作曲三木たかしのようですよ。本来名曲のはずなのですが……。

香田晋の名盤

全曲集(全16曲)では収録しきれない、アーティストの魅力を2枚組全26曲を収録した`アーティスト・ベスト・セレクション`。本作品は、『香田晋 ベストセレクション2012』

香田晋 ベストセレクション2012

新品価格
¥7,500から
(2017/2/25 00:10時点)

ブログランキングに参加しています。お気に召して頂けたらポチッと押して頂けると、今日のあなたの運勢がよくなるかも♪

今日もお読み頂いてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*