研ナオコ の現在と「逮捕」で検索されている理由は?大相撲で隣(となり)に?動画

研ナオコさんはちょっとお年をめしたようですがまだまだ頑張ってます…… 

研ナオコさんも、随分芸能界が長いですよね。研ナオコさんは、コメディアンではなく歌手です!

【研ナオコさんってそもそも何が本業なの……?】

研ナオコさんをお笑いタレントと思っているお茶の間のみなさんも多いのではないでしょうか。間違いでは全然ありませんが、彼女はれっきとした歌手だということを覚えておいください。歌手は、もちろん顔ではありませんし、歌なのです。

研ナオコさんは、1971年 4月1日、東宝レコードの第1号歌手として『大都会のやさぐれ女』でデビューします。歌手は、顔ではないという失礼な言い方をしてしまいましたが、美人画で知られた画家・岩田専太郎に「百年に一人出るか出ないかの不世出の美人」と研ナオコさんは絶賛されていたのです。

正直に言いますが、意味が判らないです……。

そして、研ナオコさんは、歌手としても成功をして、「愚図」「あばよ」など、たてつづけにヒット曲が誕生します。彼女は、ふられ女を歌で上手に演じることが出来た歌手です。容姿も成功の秘訣だったことは間違いがありません。そして、プラスして歌が終われば、お茶の間のみなさんを笑わせる能力をお持ちであり、このようないろいろな能力を持っている人たちのことをタレントというのです。

しかし、彼女にもっと深い黒い影が落とされた事件もありましたっけ。違法薬物を所持していたということで、逮捕されてしまったという悲しい事件もありました……。その時には、芋蔓式にいろいろな芸能人が逮捕されています。本当に大きな芸能界の事件でした。しかし、彼女は、その不幸からも乗り切って、見事芸能界にも復帰をし、「かもめはかもめ」や、「夏をあきらめて」などのヒットが再び生まれます。

【2001年 日本テレビ、第24回『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』、女性初のチャリティーマラソン(85km)を完走】

以前、「カックラキン」をやっていた頃と比較すれば、全然テレビの露出も少なくはなって来たものの、まだまだ彼女が芸能界から消えたなんて噂はすぐに払拭することが出来ます。2001年 日本テレビ、第24回『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』で、歴代女性初のチャリティーマラソン(85km)を完走したではありませんか。それは、彼女の今後も芸能界で頑張って行くぞという意思だったのではないでしょうか。

【研ナオコさんの今を知りたい】

研ナオコさんは、今でも元気で芸能界で頑張っています。最近では、野口五郎さんと一緒にコンサートをしたりしています。かつてのカックラキンのコンビです。

そして研ナオコさんの娘さんも歌手デビューしたとのことです。

ブログランキングに参加しています。お気に召して頂けたらポチッと押して頂けると、今日のあなたの運勢がよくなるかも♪


エンターテインメント ブログランキングへ

懐かしのアイドルやタレントのDVDやCD、レコードをお探しならこちら!

思わぬ掘り出し物が見つかるかもしれませんよ^^



今日もお読み頂いてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*