美肌効果抜群?「低分子コラーゲンとツバメの巣」の効果と最安値ショップは?


スポンサーリンク



美容に良い事で知られているコラーゲンの中でも注目を集めている低分子コラーゲンとツバメの巣の効果について今回はお話をさせて頂きます。

【低分子フカヒレコラーゲンの効果】

体内の30%を占めていると言われるコラーゲンは皮膚や骨、軟骨などに存在しており、関節炎や関節痛の予防・改善効果や、骨粗しょう症の予防・改善効果があるほか、肌のハリやツヤ、シワ、たるみなど美肌効果を有しています。
フカヒレはサメのヒレから出来ており、フカヒレはコラーゲンの塊だと言われるほど多くのコラーゲンを含んでいます。

通常のコラーゲンは大きな塊で体に吸収されにくいと言われる高分子コラーゲンと比べると、フカヒレのコラーゲンが低分子化することで分子量がとても小さいことから吸収が早く、角質層への浸透率効果も高いと言われています。

因みにフカヒレにはコンドロイチンも含まれていることからさらに美容効果があるとても肌に良い食材です。

【ツバメの巣の効果】

■ツバメの巣の概要
ツバメの巣は東南アジアの一部で採取される雄アナツバメの唾液から約1か月かけて作られます。アナツバメは昆虫や蒸しなどのたんぱく質を主な食事としてエサを食べていることから、それを食べたアナツバメが作る巣もにも豊富なたんぱく質が含まれています。

ツバメの巣には1級と2級とがあり、等級の高い1級は見た目も白く、異物混入も殆ど無い上質の物となります。2級の場合、1級に比べると異物混入もあることから価格も安くなっています。


スポンサーリンク




■ツバメの巣の効果とは?
古くからツバメの巣はたんぱく質と多糖類の結合されたムチンが主成分となっています。ヒトの免疫機能に大きく関与しているシアル酸、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどを作る元細胞である繊維芽細胞増殖因子が含まれています。

また、8種類の糖鎖と言われている単糖類の内以下の単糖が燕の巣には含まれています。
・ガラクトース…がんの成長や転移を阻害する働きを持っているほか、腸に最近の維持やカルシウム吸収を増加させる働きを持っています。
・フコース…がんの成長や転移を阻害する働きを有しているほか、抗炎症作用や気道の感染症治療に効果があります。
・マンノース…白血球の一種であるマクロファジーの活性化や細菌感染を阻止する働きを有しています。
・N-アセチルガラクトサミン…がん細胞の増加や転移を抑える働きを有しています。
・N-アセチルグルコサミン…ヒアルロン酸の素となるほかに、変形性関節症治療効果やがんの抑制効果を有しています。
・N-アセチルノイラミン…コラーゲンの素となるシアル酸を有しているほか、粘膜の粘度調整に四て細菌感染の防止効果、脳の発育に大きな影響を与える働きを有しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*