いつもここからの現在は?病気?菊池と山田の悲しいときは?

スポンサーリンク



「いつもここから」というお笑いコンビのネタ「悲しいとき~」。かなり流行りましたよね。しかし最近は「悲しいとき~」もあまり耳にしなくなったような気がします。いつもここからの2人は、今・・・?

【いつもここからプロフィール】

■山田一成(やまだ かずなり)

生年月日:1972年1月31日
出身地:東京都

スポンサーリンク



身長:173cm
血液型:B型

■菊地秀規(きくち ひでのり)

生年月日:1976年5月5日
出身地:岩手県
身長:174cm
血液型:B型

「いつもここから」は、皆さんご存知の通りお笑いコンビです。
が、実は出会ったキッカケはバンドメンバー募集だったそうなんです。

音楽を志していたはずの2人が突然お笑いに目覚め、1996年7月に「いつもここから」誕生。
地道なライブ活動を続け、徐々にテレビ界にも進出。

「悲しいとき~」と叫びながらスケッチブックをめくり、様々な悲しいシチュエーションを紹介する・・・というネタで大ブレイクを果たしました。
あのシュールな感じが面白かったですよね~。
大爆笑という感じではなく、クスッと笑ってしまうような感じというか。
あと妙に絵が上手いのもツボでした(笑)
ちなみにスケッチブックの絵は菊池さんの方が描いているそうです。

それにしても、お笑いコンビとしてブレイクを果たした2人が、まさか当初はミュージシャン志望だったとは・・・
となると、お笑いコンビではなく、バンドとしてメジャーデビューを目論んでいたということですよね。
2人がお笑いではなく音楽の道に進んでいたら一体どうなっていたのか・・・
どんなジャンルの音楽をやろうとしていたのかも気になります。
意外にも(?)激しいロック希望だったりして。

【いつもここからは何故消えた?】

出版されたネタ本「悲しいとき」も65万部のベストセラーを誇り、絶好調に見えたいつもここから。
しかしいつの間にか消えてしまいましたよね。

いつもここからが消えてしまった理由。
原因はわかりませんが、やはりあまりにも「悲しいとき~」のネタが流行り過ぎてしまったからですかね。
世間的には「一発屋」として見られているフシもあるように思います。

挙句の果てにはネット上で「解散」の噂も飛び交ったとか。

「一発屋」とか「解散」とか、露出が激減すると散々な言われようですね~。
テレビ出演が減る=よくないこと、と考える人がそれだけ多いということでしょうか。

とはいえ、営業やライブ活動で頑張っている芸人はたくさんいますからね。
それにテレビだと、なんだかんだで規制もありそうじゃないですか。
自由度が高い場所で活動できた方がご本人達も面白いでしょうから、一概に「テレビ出演が少ないからダメ」とは言えないと思いますけどね。

【現在のいつもここからは?】

一発屋と思われがちな、いつもここから。

しかし、現在もNHKEテレ「ピタゴラスイッチ」や、単発でのテレビ番組出演、ライブ活動など、芸人としてしっかり地道な活動を続けています。
すなわち解散説もデマです!(笑)

「初心忘れるべからず」。
コンビ名の「いつもここから」には、そんな2人の謙虚な想いが込められているそうですよ。

その姿勢を忘れずに、これからもマイペースで頑張っていただきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*