オフト監督(元サッカー日本代表監督)は現在どうしてる?画像

スポンサーリンク



日本を世界に押し上げた初の外国人監督オフト元サッカー日本代表監督

オフト元サッカー日本代表監督はこんな人!

オフト元サッカー日本代表監督はオランダ出身の元サッカー選手です。

ハンス・オフトの名前が出ると必ず出て来るのが『ドーハの悲劇』です。

ドーハの悲劇とは1993年アメリカワールドカップ・アジア地区最終予選の日本対イラク戦(最終戦)の事です。
この試合に勝てばワールドカップ初出場が決まる時に、1点リードで後半のロスタイムに突入しました。
ところがロスタイム中に得点を許して2-2で引き分けたことによってワールドカップ初出場が消えた悪夢のような同点劇です。

このドーハの悲劇によってハンス・オフト元監督は、栄光の監督になる直前に敗軍の将になったのですが、日本サッカー初めての外国人の代表監督として偉大な功績を数多く残しています。

彼の功績は華麗なパスサッカーの構築で元日本代表のキャプテンでもあった柱谷哲二氏は、彼のおかげで強い選手(世界の強豪国)と対戦してもパスが通るようになったと述べています。

実際、ドーハの悲劇に至る前はワールドカップ予選では「出れば負け」の繰り返しで日本のワールドカップ出場は、非常に厳しいと思われていました。

スポンサーリンク



それがオフト監督によってワールドカップ出場が、もう一息というところまで来たのです。つまり日本サッカーのレベルアップがあったからこそドーハの悲劇が起きたという事も言えます。

実際、4年後に岡田監督の下で日本はワールドカップ初出場を果たしています。

オフト監督にはドーハの悲劇の暗いイメージがありますが、その悲劇の試合を覗けば輝かしい実績を残しています。

1993年Jリーグのサッカーの観客動員総数が5千万人を超えるなどサッカー人気は一気に急上昇しました。
オフト監督の目指したサッカーが国内でも国外でも好成績を上げ続けたから人気が出たのだと言えるでしょう。

日本サッカーを世界レベルに押し上げた名監督と言えるでしょう。

オフト元サッカー日本代表監督のプロフィール

生年月日 1947年6月28日(70歳)
出 身 地 オランダ

オフト元サッカー日本代表監督の現在はというと?

ドーハの悲劇の後、次回のフランス大会もオフト監督でという声が強かったのですが「W杯出場の約束を守れなかったから」と言って留任を固辞しました。

そして代表監督辞任後、ジュビロ磐田、京都パープルサンガ、浦和レッズなどの監督を務め2008年まで日本サッカーの指導者として活躍しています。

2013年、日本サッカーの発展に功績があった人物として、日本サッカー殿堂表彰が決定しました。

日本での監督業を終えた後、現在はスペインに住んでいるということですが、どの程度、サッカーに関わっているのかは不明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*