青汁CMで有名な八名信夫の現在は?

スポンサーリンク



悪役商会所属俳優の八名信夫は意外にも元プロ野球選手だった!

八名信夫はこんな人!

八名信夫は、岡山県出身の俳優で元プロ野球選手です。

映画、ドラマでは必ず必要になるのが悪役です。

主役を活かすも殺すのも、悪役次第で悪役がドラマを盛り上げる大事なキーマンになります。

そんな悪役としての八名信夫さんを知っている人は多いですが、彼が元プロ野球選手だったということを知っている人は少ないでしょう。

スポンサーリンク



八名信夫さんは183cmの長身で岡山東商→明治大学と進んで1956年にプロ野球・東映フライヤーズに投手として入団しています。

ところが入団3年目の1958年の試合中に腰を骨折するという大事故で選手生命を絶たれて現役を断念しました。

そんな絶望的な環境から映画俳優になったきっかけは、東映フライヤーズという球団に入団したのが縁で、いわば骨折は不幸中の幸いだったのです。

なぜかというと東映フライヤーズのオーナーの大川博氏は、映画会社、東映本社の社長だったからです。

とはいうものの演技の勉強などしたことなどあるはずがありません。
当然、端役や悪役が多く、風貌が強面(こわもて)だった事もあって自然と悪役になっていったのです。

そして、1983年に同じ悪役の芸人ばかりで構成する『悪役商会』を結成して、リーダーとなりました。

ちなみに本人は「1050回殺された」と語ったと言われていますが、全部数えたのでしょうか?
それはともかく、役の上で殺されたとはいえ不死身の男です。

八名信夫のプロフィール

出 生 名 八名信夫(やな のぶお)
生年月日 1935年8月19日(81歳)
出 身 地 岡山県岡山市
血 液 型 B型
身  長 183kg
体  重 78kg
職  業 俳優、元プロ野球選手
活動期間 1956年~

現在の八名信夫はというと?

映画やドラマ以外で彼の知名度を上げたのは「青汁」のコマーシャルでしょう。

最近の青汁は甘いですが、発売された当時は苦くて飲みにくい健康飲料でした。

その青汁のCMに登場した八名信夫さんの決め台詞は、青汁をゴクリと飲み干して顔をしかめ「まずい!」「もう一杯」!
悪役そのままの顔で、怖そうな表情と青汁の苦さがバッチリ決まってコマーシャルとしても人気がありました。

俳優としてまだまだ現役で活躍していますが、若々しい秘訣は独身だからかも知れません。

生涯、悪役のキャラクターのままで行くのでしょうか?

ちなみに八名信夫はNHKのドラマで善人を演じて好評でした。
本当は悪人でありながら悪役を見事に演じ切るのですから、そんな彼にとって善人を演じるのは、さほど、難しくは無いのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*