巨人の伝説の助っ人クロマティは現在どうしてる?

スポンサーリンク



日本プロ野球史上、最も日本血の回数が多いのは巨人ですが、そのチームの中で、歴代最強の助っ人と言えばウォーレン・クロマティ選手を挙げる方が多いのではないでしょうか?

“■巨人最強の助っ人

私が小学生時代にプロ野球を見始めたときの中心選手でした。首位打者や最高出塁率、MVPと言ったタイトルを取得するなど実績も素晴らしいのですが、それ以上に愛されるプレイスタイルがとても有名でした。

■ファンサービスに長けていました

当時のプロ野球界、あるいはスポーツ界は競技の内容ばかりが注目されていたので、ファンからの距離は今と違って遠いものでした。特にプロ野球選手は、遠くの別世界でプレーする憧れの存在とでも言えばいいくらい、雲の上の存在だったのです。ところが、クロマティ―選手はそういった日本の古いスポーツ界の伝統から脱却し、アメリカのスタイルを持ち込むのに成功したパイオニアのような存在と言っても過言ではないのではないでしょうか?

スポンサーリンク




風船ガムを膨らませながら守備位置についてみたり、自信が打撃で活躍した際には観客とともに万歳するようなスタイルは当時としては衝撃的なものだったに違いありません。伝統的な球団で成績も見事ながら、それだけでなく、ファンに愛される選手だったクロマティ選手の印象は、未だに脳裏に強く焼き付いております。あれほどインパクトが強い選手は今の野球界にあまりいなくなってしまったことが残念でなりません。もっと、クロマティ選手の業績をクローズアップすべきではないでしょうか?”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*