私のヒーロ-!アイルトンセナの永遠の名言!

スポンサーリンク



自動車レース、F1世界選手権において、1988年・1990年・1991年と、計3度ワールドチャンピオンを獲得した名選手がいました。アイルトンセナ選手です。アラン・プロスト、ネルソン・ピケ、ナイジェル・マンセルとともに、F1四天王と呼ばれた中でも記録を作り続けた名選手でした。シューマッハー選手が登場するまで、F1でほとんどの記録を樹立していたのです。当時は衛星放送の技術が上がってきたころで
深夜の時間帯を中心にF1が中継されることが多くなりました。私は当時小学校高学年から高校時代だったので、そのレースを数多くテレビで拝見しました。磁束00キロ以上のスピードであらゆる猛者たちをごぼう抜きする様に圧倒されました。

■ある時当然の…

な日本人ドライバーでは中島悟選手が出始めたこともあり、

スポンサーリンク




ブームにはさらに加速しました。ところが、残念なことにある時突然の別れの時を迎えました。94年のレース中の事故により、亡くなってしまいました。あまりにも突然のことだったので、茫然としてしまいました。その時を境に、F1中経を見る機会も少なくなってしまいましたので、いかに偉大な選手だったのかが、今振り返るたびに懐かしく思い出されます。それと同時に残念でなりません。あれだけの技術も持った選手がレース事故で亡くなるとは、どうにかならないものかとも思います。本人が一番無念だったことでしょう。もう一度F1ブームを巻き起こして頂きたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*