船木和喜の現在は?王様の工房でアップルパイ?

スポンサーリンク



船木和喜選手はスキージャンプ日本代表として冬季オリンピック2大会(1998年長野、2002年ソルトレイクシティ)、

世界選手権5大会に出場。

長野オリンピックで団体ラージヒルおよび個人ラージヒルの2種目で金メダル、個人ノーマルヒルで銀メダルを獲得しました。この他、世界選手権獲得金メダル1、銀メダル3、スキージャンプ・ワールドカップシーズン個人総合で日本人歴代最高の2位などの成績を残している名選手でした。1998年のスキージャンプ団体の部では最終滑走者としてそつなくジャンプし、見事金メダルを獲得したシーンは20年ほどたった今でも鮮明に覚えている方が多いのではないでしょうか?

近年では最高の実績を残した選手と言っても過言ではありません

。その割には、後輩があまり育っていないように思えるのが残念でなりません。かつてのスキージャンプ王国を築いた姿に戻る人ファンは待ち望んでいるにもかかわらずです。2018年には冬のオリンピックが開催されます。しかし、かつてのような知名度を誇る選手があまりいないように思えてなりません。特に団体競技は花形種目なのですから、連盟はもっと鮮明に強化策を打ち出して頂きたいと思っております。表彰台を独占する姿をもう一度待ち望んでいるファンは多いと思います。是非とも船木さんにも、そのノウハウを継承すべく尽力していただきたいと思います。来年のオリンピックで活躍されることを祈念いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*