山崎浩子(新体操)は現在どうしてる?勅使河原秀行?

スポンサーリンク



“私の心に残っているスポーツ選手は、新体操の山崎浩子さんです。ロサンゼルスオリンピックで8位入賞を成し遂げた選手です。

タブーの曲に合わせて

今の新体操選手は、キラキラ着飾っている印象がありますが、山崎選手は競技をする時は、髪を後ろで束ねているだけでした。髪飾りなど何もつけていなかったし、後れ毛もそのままでした。そんな飾り気のない山崎選手に、私は魅かれていました。
一番気に入っていたのは、彼女のボールの演技です。途中、「タブー」という曲に合わせて、山崎選手の妖艶に踊る場面がありました。きっと世界中の誰もが、何度も何度も見たいと思ったシーンだと思います。鋭い目をした猫が、じっとこちらを見ながら、「あなたを虜にしてやる」と言いながら踊っている感じでした。彼女にしか表現できない世界だったと思います。

山崎選手が来た!

当時私は高校生で、転校するまでのたったの1年ですが、

スポンサーリンク



新体操をしていました。どういう経緯だったかは覚えていませんが、私の高校に山崎選手が来て、新体操の講習会を開いてくれることになりました。参加費は5000円。私の両親はお金を出してくれなかったので、体育館の2階から、私は参加できなかった他の仲間と一緒に、その講習会を見ていました。小学生や中学生、高校生など30人ぐらい参加していたと思います。
講習会の最後に、オリンピックで踊った、ボールの演技を一部披露してくれました。タブーに合わせて踊っていた、あの振り付けです。大きな拍手が起こり、会場が熱くなりました。あの時の感動は大人になってもずっと覚えています。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*