荻原健司は現在どうしてる?再婚しているのか

スポンサーリンク



かつて、キングオブスキーと呼ばれた荻原健司選手がいました。それまでは馴染みがなかったスキーノルディック複合と言う競技を日本全国に伝えた立役者でした。

1992年・アルベールビル、

1994年・リレハンメルの冬季オリンピック2大会連覇し、

スポンサーリンク



世界選手権でも1993年(個人・団体の2冠)、1995年(団体)、1997年(個人)で金メダルを受賞しました。ノルディック複合・ワールドカップでは通算19勝をあげ、1992-1993シーズンに日本人初の総合優勝を成し遂げると、1993-1994シーズン、1994-1995シーズンと連覇し、世界初の個人総合3連覇を達成するなど偉大な構成を数々残しました。アマチュア規定があった中でこれだけの実績を残してきたのは異例中の異例と言っても過言ではありません。

引退後は参議院議員として活躍されました。

ノルデック複合は一時期低迷しましたが、近年では徐々に復調しつつあるようです。いかに荻原選手の成績が飛びぬけているかがよく分かると思います。2018年には冬のオリンピックが開催されます。是非とも活躍が期待されています。ノルディクはジャンプとクロスカントリーの両方を行わなければならず、体格で劣る日本人選手はジャンプで稼がないといけないようで、このスタイルがなかなか難しいようですが、近年はクロスカントリーが得意な選手も出てきているということも耳にしました。是非とももう一度王国を再建していただきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*