ボンカレーでお馴染みの松山容子の今現在の画像、そして息子は?

松山容子さん

スポンサーリンク



皆さんは松山容子さんを覚えていますか?女優をされていた方です。松山容子さんは和風美人で綺麗な卵型の輪郭をしていて、目も切れ長の大きくて綺麗な目をしていました。松山容子さんと言えば、大塚食品の「ボンカレー」のパッケージモデルを長い間務めていたことで有名でした。そしてCMにも出演されていたり、ホーロー看板のモデルも務めていました。そして1950年代から1980年代まで、ドラマや映画に出演されていました。

美人だった松山容子さん

松山容子さんは愛媛県松山市出身で、生年月日は1937年11月30日です。本名は田中曠子です。松山容子さんは銀行を経営する名士の家にお生まれになられました。1957年に映画「勢揃い桃色御殿」で松山清子の名前で新人女優としてデビューされました。そして同年に映画「侍ニッポン」で本格デビューされました。1959年に松山容子に改名されました。それから1960年にフジテレビの「天馬天平」というドラマで、

スポンサーリンク



男装をして新撰組と戦う勤皇の姫君の千也姫役を演じて人気を集めました。その人気振りがスポンサーの大塚製薬の目にとまり、千也姫をモチーフにした「琴姫七変化」で主演をして活躍されました。松山容子さんの七変化ぶりが人気となり、2年間に渡って番組が放送されてアクション女優の先駆けとなりました。

現在の松山容子さんへ

松山容子さんは1971年に漫画家の棚下照生さんと結婚されて、芸能界を引退されています。なので現在は女優として活動されていません。松山容子さんは現在80歳になられるので、今は自宅で毎日自適悠々に生活をされているのではないでしょうか。現在の松山容子さんの画像がインターネットに載っていて見ることが出来ます。淡いピンク色のセーターに白いパールのネックレスを付けていて、昔と変わらず上品な雰囲気で美人な方でした。そして松山容子さんは息子さんがいると噂されていますが、そのことについては未だにベールに包まれた状態ではっきりした事は分かりません。ファンの方は残念に思われていると思いますが、松山容子さんは芸能界を引退されているのでそれは仕方が無いかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*