高橋尚子がパチンコ依存症で検索されているけど結婚相手はどうなった?

スポンサーリンク





“私の好きだった選手は高橋尚子選手です。低迷していた女子マラソンに突如現れた流星のような選手でした。ちょっと忘れられないシーンを2つほど書きたいと思います。

1・灼熱のアジア大会独走日本新記録

この時、私はまだ学生だったのですが、ある日飛び込んできた大記録。灼熱のバンコクで日本記録を4分以上更新する2時間21分47秒。

スポンサーリンク



テレビ中継もなく新聞でしか見られなかったのが非常に残念だったのですがラップタイムをみてもとてつもなかったので世界で最強の選手が日本から現れたんだととても嬉しかったことを今でも覚えています。
暑い環境でマラソンを走ると当然ですがかなりタイムが落ちます。そのような中で出た記録でしたので女性初の2時間20分切りが見えた大会でした。

2・女性初の2時間20分切り

これは2001年の9月に達成されました。現在では2時間20分を切っている選手は3人いらっしゃるのですがそのうち2人がオリンピック金メダリストになっていることを考えるとやはり世界でも超一流の記録であることがわかると思います。
アジア大会と世界記録を出したベルリンマラソンの間にシドニーオリンピックがあり、金メダルを取っていますが持ちタイムから言うとロルーペ選手以外なら勝てるだろうと思っていたので印象に残った大会としてはベルリンマラソンを挙げています。ペースメーカーを使っていましたがこの後、ペースメーカーにペースメークをしてもらって護送船団方式で記録を狙うという方法が定着したように思います。
世界記録、オリンピック金メダルと完璧なまでに世界の頂点にたった最強ランナーでした。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*