大塚愛の現在の姿が「悲報」と言われているのはなぜ?

スポンサーリンク



2000年代前半にヒット曲を連発した大塚愛さんがいました。「さくらんぼ」は徐々に売れ始めロングヒットを記録し世間に周知されました。

しかも、着うたが史上初の100万件ダウンロードの記録達成するほど、人気が爆発しました。

「SMILY / ビー玉」、「プラネタリウム」でそれぞれオリコン1位を獲得し、紅白歌合戦にも出場されスター歌手へと上り詰めました。しかし、2010年代に入ると、苦戦が続くようになってしまったようです。全体的に歌が昔ほど売れない時代となってしまったためか、シングルの発売数も減少してきているようです。なかなかヒット曲が出ない時代なので仕方がないのかもしれませんが、こればかりはもうどうすることもできないのでしょうか。AKBのようなアイドルばかりが目立ち、それ以外の女性歌手がなかなかヒットしない現状をどうにか打破していただきたいと思います。

かつては着メロ100万件ダウンロードを

記録するような曲を作成できたのに、

スポンサーリンク



あの時ダウンロードした方々は今どんな曲を聞いているのでしょうか。同世代のファンは今どんな曲を欲しているのでしょうか。何だか不思議な感じがしてなりません。2010年代に入り、まだシングル曲が3曲しか発売されていないようなので、もう少し曲数を増やして頂きたいと願っているファンは多いのではないでしょうか。かつての栄光を取り戻して頂きたいものです。頑張ってください。応援しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*