遠藤保仁が青木愛やベッキーと「浮気」で検索されてるのはなぜ?

 

スポンサーリンク




“私の好きだったスポーツ選手は、サッカーの遠藤保仁さんです。好きな理由は、冷静に淡々とプレーなのでエースストライカーのように目立つことはないのですが、パス回しでゲームをコントロールし、まさに心臓のような役割を果たす選手からです。サポーターからは「ヤットさん」の愛称で親しまれてます。

遠藤さんの好きなプレー

私が好きな遠藤さんのプレーは、コロコロPKです。コロコロPKとは、PKのときに思い切り蹴るのではなく、ゆっくりと動き出し、軽い力で蹴ったパスのようなシュートです。キーパーとのタイミングを外すことでゴールします。最も印象深いコロコロPKは、2008年、遠藤さん所属のガンバ大阪と世界最強チーム・マンチェスターユナイテッドとの試合でのコロコロPKです。

スポンサーリンク




マンチェスターユナイテッドのキーパーは当時オランダ代表のファン・デル・サールでした。世界最強のキーパーに対してもコロコロPKを決めて、遠藤さんの名前とコロコロPKが世界に通用することを証明しました。

今後の遠藤さんに期待すること

遠藤さんは現在も、日本のガンバ大阪というチームでプレーしています。私がこれから遠藤さんに期待することは指導者として活躍していただきたいです。なぜなら、遠藤さんは感覚よりも理論でプレーしているからです。理論でプレーしているということは、何が起きてどうなっているか分かっているということなので、人に教えることができるはずです。今後の日本を引っ張る選手を輩出してくれる名指導者になってくれることを期待します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*